CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
紫陽花の庭
紫陽花の庭 (JUGEMレビュー »)
湯川潮音,栗原正己,鈴木惣一朗
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
占いモンキーなび
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

☆★☆♪Like a ・・・?♪★☆

自由に
ワハハハ・・・・(・A・)ハッハッハッ'`,、('∀`) '`,、
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
きらわれもの



人に嫌われたくないから

人を嫌わないように生きてきた

幸せなことに

自分でも怖いくらいに

ほとんど
人に嫌われることなく生きてこられた

生きてこられていたのに



ある人から嫌われた

私もその人のことを人を嫌いになった

心の底から嫌いだ



何かが崩れていきそうな気がする





※以下 BさんもCさんも女性です

職場での ある人(Cさん)からの嫌われっぷりに そろそろ耐えられない

前回記事にも書いたのだが

私は 職場でCさんにめちゃめちゃ嫌われている 避けられている

半年前までは めちゃめちゃ好かれていたのに

私がBさんと仲良くし始めてから

Cさんの私への態度が 180度 急変した

そんなCさんは Bさんとは変わらぬ 普通の付き合いをしている

私に対してだけ あからさまに 嫌いな態度を出している

・部署内の人達で会話をしていても 同じ空間にいる私の存在を一切無視
・部署内の人が私に話をふり 私が会話に入った途端 嫌な顔をして 急に黙る
・差し入れで もらったお菓子をCさんが皆に配る際 私にだけ配らない
・仕事上関わりがあるので どうしても会話をする場面があるのだが あからさまにふてくされた話し方
・朝 出勤時間が重なり 会社に入る前に私の姿を確認すると タイミングをずらして はち合わせないように 私を避ける

ほんと しょーもない。。。



Cさんが何故こうなったのかは わかる

自分で言うのはちょっと痛い気もするが

簡単に言うと

「女の嫉妬から生じた憎しみ」

Cさんは
私のことを この上なく気に入って 特別 可愛がってくれていたのだが
そんなCさんの気持ちを余所に
私が他の人と仲良くし始めたため
Cさんの 私への気持ちが 180度 ひっくり返ってしまった

こんな感じ



それに伴い Cさんと仲の良い人達も 私に対して 若干 距離を置き始めている?

そんな気までしてきている

ほんと Cさんへのストレスがハンパない

いつか私が爆発するのではないか 自分でも心配だ

好きでもない人に 嫌われて 避けられる この ストレス

こんなことにストレスを感じている自分の小ささを残念に思う



本当に腹が立つ

もう嫌・・・



Cさんに嫌われている事と 直接は関係ないが

仕事も 昨年後半辺りから量が増えていて
手当は一切つかないのに
サービス残業だったりサービス休日出勤したりしている

嫌われるわ

無賃労働増えるわ



なんか、、、病むわ



唯一の支えはBさん

Bさんの存在が事の発端ではあるが

Bさんの存在は今の私の唯一の支えでもある

Cさんと私の 今の最悪な関係に
Bさんは気付いていると思うのだけれど
何も聞いてこないのが 引っ掛かる



前回記事にも書いたが

Bさんだけは 私から離れてほしくない

でも
なんか
怖い

何かが崩れていきそうな気がする




| - | - | - |
2013

2013年

最近ブログを書いていなかったから

書くことがありすぎて まとまらない

だらだらと書いていきます

主に職場での人間関係について





今年は恋の年だったように思う

このブログでも ずっと書き続けていた 同じ職場の人への片想いの恋
(相手をAさんとする)

上手くいきそうで 上手くいかなかった


私の行動次第では上手くいったんだろうな。。。

7月と11月 2回だけだけど 一緒にライブへ行った

望めば叶うことを実感した


そもそも
Aさんの何に惹かれたのかというと

服装や髪形が好み

それだけ

業務上 部署が違うので 関わりがなく
Aさんの性格・人柄は あまり わからない

でも
私自身の失恋の反動もあり
急激にAさんのことが気になり始め
想いが止まらなくなってしまっていた

消極的な性格の私にしては 積極的に自分から話しかけたりして
全く 接点が無かった相手と
それなりに仲良くなることが出来た

Aさんも 結構 好意的に反応してくれて
Aさんからも話しかけてくれるようになり
ライブも声をかけてくれた

でも
なんだろう
会話をしていても 盛り上がりに欠け 常に壁がある

職場の同世代の同僚止まり・・・
お友達になるまでには発展していないように思う

今後 発展する可能性は ゼロではないにしても
私の気持ちが冷めてしまっている

元々 業務上 接点が無いので
意識的に近付かなければ
顔を合わせることも無い距離感なのだ

私が声をかけなくなってからは
Aさんも声をかけてこなくなり

恋を匂わすようなことは 何も始まっていないので
関係性が消滅した というような事は ないのだが

一時期 近付きかけた距離が
今は離れてしまっている





私の気持ちが冷めてしまった理由として

思うように距離が縮まらない もどかしさ も当然あるのだが

そばにいる存在に眼が行き始めた ことが最大の理由


片想いで日々悶々としている中

職場の同じ部署の人達とは 非常に仲良く楽しく過ごさせてもらっていた

(この人達と同じ感覚で 片想いのAさんとも絡めたらな〜)

と思っていた

そんな同じ部署の中でも
特に絡みやすい人が一人いて
(この人をBさんとする)

Bさんとは
お互い冗談を言い合い ふざけて足を踏み合って 冗談混じりの喧嘩で争ったりと・・・

小学生が 好きな子にする意地悪を お互いにやり合う

そんな関係性

ただ
立場上(一回り以上年上、子供がいる)恋愛対象でも何でも無い 関係性

ある日
私が ひとり暮らしをしている という事で

「行ってみたい」

という話になり
職場の仲良しメンバーである Bさんと もう一人が私の家へ遊びに来た

それを期に
Bさんとは
少しずつ
他愛もないメールのやりとりが始まった

ただ
Bさんは立場上 恋愛対象では無い


他愛もないメールのやりとりの流れから

私の誕生日にBさんが私の家に来てお祝いをしてくれた

誕生日にBさんと二人で 夜の3時過ぎくらいまで過ごした
Bさんは
「私なんかでごめんね」
って言ってたけど
本当に嬉しかった

ただ
Bさんは立場上 恋愛対象では無い・・

そう思っていたのだが

誕生日を2人で過ごしたからなの?、、、か?

(Bさんのこと・・恋愛感情として・・・すき??? いゃ、情が湧いてるだけだ)

そう思うようになっていた


12月25日には Bさんと2人でクリスマスライブへ行った
一緒に街を歩いていて思った

(楽しいな〜)

きっと私はBさんのことが好きだ

前々からBさんのことは好きだったけれど
それは
人として好き
という意味で
恋愛絡みの好きとは違かった

しかし今は
恋愛感情を持って好き かもしれない

一緒にいて 凄く居心地が良い





Bさんと私が接近し始めてから
私のことをあからさまに毛嫌いし始めた人もいる
(その人をCさんとする)

Cさんは 私が今の職場に入った当初から 私のことをめちゃめちゃ可愛がってくれていた女性

尋常じゃないほどお喋りな人

悪口陰口噂話大好きな人

私からするとあまり好きではないタイプ

ただCさんは私のことを本当に気に入ってくれていて
何かあると すぐに私のところへ来て色々話す

悪口陰口噂話を聞かされるのはあまり良い気分ではないが
とにかく気に入られていて それに関しては 悪い気分では無かった

飲み会時でも何でもかんでも
いつでも一緒のコンビみたいな関係だった

それが
私がBさんや その側近の人達と仲良くし始めてから
突然 一切 私に話しかけてこなくなった

同じ部署内でも
私以外の人には 相変わらずお喋りCさんなのだが
私にだけ 一切話しかけてこない
同じ空間にいても 私だけ会話に入れてもらえず

あからさまに嫌われ 避けられている

なんで そんな態度をとられるのか、、、

Cさんの気持ちはわかる

けれども、、、なんでそこまで、、、

Cさんの私への態度が変わってから
私自身 凄く職場の居心地が悪くなった

きっとCさんは
これまで私に話していたように
今度は私の悪口陰口を
別の人に話しているかもしれない

そうだったら悲しいな


Bさんとの距離が近付いたら

Cさんが離れていった



とにかく私は今 Bさんのことが好きだ
Bさんと一緒にいる時間が何よりも楽しい
ただ
Bさんには色々あって
ここで書くべきか 書かないほうが良いのか
今は書くのは やめておこう
Bさんは色々抱えているようで・・苦労していて・・
・・・
私には わからないことがたくさんあるが
でも本当に素敵な人なのだ

Bさんは 絶対 私のことなんか恋愛対象として見ていないし眼中にないと思う
だけど 私のことを可愛がってくれる


Bさんとだけは これ以上離れたくない


結局 私は片想い





全然、、2013年の総括になっていないな

一人暮らしを始めたことも書いてないし

職場の人絡みだと
Dさんに告白された・・っていうのもあったな

そんな2013年




もたもたしてたら 日付変わってしまった

日付いじくって2013年最後の記事としてあげました





























| - | - | - |
悩み



常に付きまとう不安や不満に悩み

不安や不満を抱えて悩んでいることに対して更に悩む

悩みのスパイラルは永遠



ひとつ悩みが消えると また別の悩みが発生する

悩みがないと生きていけないのか?自分は



悩みについて考えてみると
どれも
生きることをやめるほどの大それた悩みではない

それに気付き 自分に落ち込み
また 悩みがひとつ・・・



けれども
決して
24時間悩みっぱなしというわけではない

常に「悩み」とは隣り合わせな気がするが
悩みを忘れている瞬間もある

もし「悩み」が完全になくなることがあるならば

それは
悩んでいない時



悩んでいる時だけ「悩み」がある

今がその時





「悩みがない」
という悩みで
悩んでみたいものだ





上の画像を撮っていた時(瞬間)は
悩んでいない時(瞬間)だったと思う

そんな時(瞬間)があるから
そんな時(瞬間)のために

悩みながらでも生きてゆける

そんな気がした




| - | - | - |
濡れない音符



湯川潮音 濡れない音符

まるで背中に翼が生えて
空を飛んでいるかのような
清々しい作品

11曲のうち 最後の曲を抜かし 10曲でピアノが大活躍している

色で例えるなら 白
初期のイメージ 陰のある灰色のイメージから
少しずつ色が透き通っていっているようだ

確実に積み重ねられている湯川シオーネワールド

私を幸せな気持ちにさせてくれる



ライブが楽しみだ
| - | - | - |
友人の結婚式

昨日(2013年10月13日) 友人の結婚式へ行ってきた

大学時代の友人

新郎新婦どちらとも知り合い(同じ学部で同じ学科)

大学時代に付き合いだして そのまま続いて 今年の3月に子供が生まれ

昨日めでたく式を挙げた

雲ひとつない快晴で非常に良い日和だった

初めて 結婚式というものに参加した

友人が遠く感じた

4・5年前は 同じ所に立っていたのだが、、、

ちょっと差がついてしまったな

もちろん私の方が後ろ

ま それはいいとして

彼らには幸せな人生を送っていただきたい

彼らの幸せの一時(いっとき)に私を招待してくれたことに感謝





私自身はというと
以前 ここで書き続けていた片想いの恋心は
ほぼ壊滅状態

相手に 振られた とか 嫌われた 避けられた とかではなく

私の方が近付くのをやめてしまっている

仕事の部署が違うから とにかく接点がない
つくらなければ生れない接点にまず気持ちが萎える
たまに会話をしても 毎回 盛り上がりに欠ける
その度に自分の気持ちに疑問が生じる

これまで 抱き続けていた ドキドキがほぼ なくなってしまった

そんなわけで
ひと月くらい前から
こちらから意識的に声をかけに行くのをやめるようになった

唯一の接点 昼休みの休憩室で いつも私が声をかけるから
相手はすぐに席に座らずに 電子レンジの近くで私が来るのを待っている感じになっていた
(本当に私を待っていたのかは定かではないが・・・)
でも
私が声をかけなくなってからは
相手はすぐに席に座ってお昼を食べ始めるようになってしまった

気持ちが遠のいたと同時に
相手との距離も遠のいた

そんなわけで
今は片想いの苦しみからは解放されている

それが良いことなのか良くないことなのかはわからない
しかし
また何かのきっかけで
片想いが急に再加熱する可能性は なくはない
というか
たぶんあると思う
(決して嫌いになったわけではないので)

ただ とにかく 今は恋心が壊滅状態なことにより 全体としての心は安静状態、、、とも言えないんだなぁ、

面倒くさい人間関係の問題が生じているのだ

それのことは また別の機会に書けたら書こうと思う



| - | - | - |
ひび割れ片想い

片想いの相手と
「行きましょ」
と話していたライブが今週末にあるはずだった



最近
離れかけている距離感が
これを期に
また近付けばな
と思っていたのだが

もうすぐなのに
ライブの話を向こうから何もしてこないなぁ
と思ってて

昨日バンドのホームページを調べてみたら
言っていたライブの情報がのっていなかった

相手に聞いてみたところ
ライブの情報は誤情報だったらしい
「行きましょ」
って話していたのは一カ月以上前で
その時は
「まだ詳しい情報はわかってないんですけど、今度ライブやるっぽいですよ」
って感じだったのだ

でもそれが、無くなってしまったらしい

相手はもっと前から無くなったことは知っていたはず!
なのになんで言ってくれなかったんだ!
こっちが聞くまで何も言うつもり無かったんかい!
何も無かったかのように流そうとしてたんかい!
私が忘れてるとでも思ってたんか!?

直前まで聞かない&調べない私も私だが・・・


あぁ〜


なんかもうダメだな
流れが悪い


7月に一緒にライブに行ってから
(これから距離が縮まるかな、、)
って期待してたんだけど
一時縮まった感はあったものの
結局今は元通りで
なんにも進展していない

たまにする会話もいまいち
盛り上がらない

片想いの相手には
なんか壁を感じる
私が相手を意識しているっていうのもあるのかもしれないが
それにしても会話しづらい

致命的!!
相性が悪いのか?!


ダメだな

おそらく今週はもう会話は無いだろうな・・・



話したい内容が無いもん





このまま終わるのか、、?!

あ、始まってもいないか




| - | - | - |
続片想い


だいぶ片想いが冷めてきている



今週は一言も会話をしなかった

ぼそっと交わした
「おつかれさまです」
が二回くらい

それだけ



意識はしているが
前ほどではなくなっている



勝手に好きになって
勝手に冷めかけてる
とか
なんなん!?!
と自分にモヤモヤしている



話したいことも特にないから
声をかけない
向こうからもかけてこない


以前だったら
一言も会話が出来なかった日は深く落ち込んでいたのだけれど
今は
心残りはあるけれど
以前ほどではない


一日中相手のことを考えることも無くなった


せっかく近付きかけていたのに
また元の距離に戻ってしまっている



「ライブに行きましょう」って話を前にしたんだけど
そのライブが確か来週末だったと思う

こちらからその話を切り出さないと
向こうからは何も言ってこないで
そのままライブが流れちゃいそうな気がする

そうなると
片想いとかそれ以前に
人間関係として微妙になりそうだ


なので
来週は会話しようと思う





| - | - | - |
おやすみプンプン



おやすみプンプンを読んだ



まるで村上春樹作品を読んでいるかのようだ
村上春樹をもうちょっと親しみやすくした感じ
村上春樹を漫画にするとこんな感じかな

そう思って読んでいたんだけど
読み進めていくと
だんだんと違ってきた



思いのほかハマった



生きていくのが辛いわ



2013年冬頃発売予定の次巻で完結らしいんだけど
どうなっちゃうんだろ
気になるわ





これ、ブックオフで現在発売中の全巻そろえたのだが
3巻が異様に臭い!
なんともいえぬ不快な臭いがする
中古なのでしょうがないのだが
これは不覚だった

捨てるのはさすがにもったいないし
返品・交換は不可だと思うので
またブックオフに売って
臭くない3巻を買い直すか
このままでいるか

ちょっと考え中




| - | - | - |
わからない


告白されて
一日空いて
今日

はっきりとしたものではないが
返事をした



そしたら
相手も

告げたはいいが、返事を聞いてなかった
って
あとで気付いたらしい
というか
このことを相談していた友達に言われたらしい
「返事はどうだったんだ!」
って



で、私は
(なんか、逃げてる感じがもろに出てて、最低だな自分。)

思いながら
こういう返事しかできなかった


「嫌いじゃないけど・・・
  嬉しいんだけど・・・
  ありがたいんだけど・・・

   ・・・ねっ。。」


みたいな感じで
やんわり断ったつもりだったんだけど
伝わったかしら・・・?





相手は

「でも、このまま好きでいてもいいですか?」

だって

なんていう・・・

その気持ちに惚れるわ





また さらに 自分を嫌いになってしまいそうだ



というか
自分が嫌いだ





わからないわからないわからないわからない



これは
また恋愛から逃げているのか

(好きじゃないのに付き合うなんてできない)
(相手に失礼でしょ)

そんないつもの考えに対して

(嫌いじゃなきゃ付き合ってみればいいじゃん?)
(好きになるかもよ!)
(人生いろいろ経験しなきゃ)
(経験できるうちに)

っていう声が聞こえてくる



わからないわからないわからないわからないわからない



| - | - | - |
思わぬ出来事!


前回あんな記事を書いておきながら

なんでなのか、、、
昨日



「だから!私はあなたが好きなんですっ」



って言われた



告白!!?された



片想いの相手ではなく
全く意識していなかった職場の人から好きって言われた

働いているフロアが違うから
あまり絡みのない人なんだけど
絡む時は冗談混じりのふざけた会話ばかりしあってるって仲

ただ異性として意識したことは一度も無かった




「話がある」
って言われて
「なんですか?」
って聞いたら
「ここじゃ言えないことです」
って言われて
「え?なんですか?」
って聞いたら
キレぎみに
「あとでまた来てくださいっ!」
って言われたんだけど
タイミングが合わず
そのまま話ができずに終業時刻になってしまい
(ま、今度でいっか)
と思っていたら
たまたま会社を出るタイミングが重なって(待ち伏せされてたとかじゃなく、本当にたまたま重なった)
その時に言われた



「好きなんです」
って言われた後

私「えー!なにを突然言うんですか」

相手「そういうことなんだから、しょうがないじゃないですか!」

私「それは、、どういう好き?」

相手「そういう意味です!あなたのせいで、一週間眠れなかったんです!んもうっ!」

私「あ、あぁ、、、突然言われても、返答に困りますわぁ〜」

みたいな会話をした



私自身
思いもよらぬ事態に上手く対応できず
いつもの軽いノリで受け答えしてしまった

相手は始終、照れからなのか、キレぎみに私に突っかかってきてた



向こうはかなり考えてきたのだろうか
その末に私に言ってきたのだろうか
ちゃんと返事をすべきか



なんなのだこの展開は!!



うーん・・・




| - | - | - |