CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
紫陽花の庭
紫陽花の庭 (JUGEMレビュー »)
湯川潮音,栗原正己,鈴木惣一朗
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
占いモンキーなび
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

☆★☆♪Like a ・・・?♪★☆

自由に
ワハハハ・・・・(・A・)ハッハッハッ'`,、('∀`) '`,、
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
港のない港町は港町ぢゃないっ!! 当然 寝床があるはずもなく・・・




ミカ:『トルーマン大差!今の連絡はどこからで・・・?』

大差:『港町で大変な騒ぎが起こっている! 今すぐに駆けつけなくては!!』

ミカ:『それは大変!!』


そして私はベースを飛び出した!!
飛び出した途端 ふと気付いた

(あれっ!?ここの管轄はおろか この付近に港なんてないわよ!?) 


ミカ:『大差!! 港町ってどこです?
    先ほどの出動要請はどこから・・・? どういうことですか?』


大差:『ふーん♪ ふふーん♪ なんの事やら・・・♪』

ミカ:『なぁっ・・!!
    たっ! 大差ーーーーーーー!』




 
| ミカ&・・・ | - | - |
寝床は地下通路にあらず




ミカ:『トルーマン大差!犯人グループに逃げられたようです!!』

大差:『うむ』

ミカ:『どうやら やつらはアジトの地下通路を使って姿を晦ましたようです』

大差:『うむ。。。同じ現場におるのじゃから いちいち報告せんでも わかっておるわぃ!』

ミカ:『いったい 地下通路はどこへ繋がっているのでしょうか!』

大差:『わしの家じゃ』

ミカ:『はい?! 今なんと?』

大差:『わしの家だと言っておろうに』

ミカ:『ど、どういうことですか!大差!』

大差:『うむ。それは言えん』

ミカ:『大差ーーーーーーー!』 
| ミカ&・・・ | comments(0) | - |
インフルエンザ注意報 そのための寝床ぢゃない (せっかくなのでミカver.)




ミカ:『トルーマン大差!奴らは湿気に弱いらしいですよ』

大差:『知っておる。乾燥してると肌がかゆい。加湿器を作動させよ!!』

ミカ:『ウチにはそんな機器はありませぬ』

大差:『なら、マスクをせい!』

ミカ:『私はマスクなど持っておりません』 

大差:『話にならん、帰れーーーーーー!』

ミカ:『大差ーーーーーーー!』 




インフルなんて・・・なんぼのもんじゃぃ!


そういう人に限って。。。


気をつけて!
| ミカ&・・・ | comments(0) | - |
我々!治安維持部隊に寝床などいらぬ!!!?



ミカ:『トルーマン大差!年越しだからといって、うかうかしてられませんね』

大差:『ふ〜ん。。。その心は?』

ミカ:『我々!治安維持部隊としての役割を全うするのであります!!』

大差:『うむ。よい心構えじゃ!!  さて、わしはテレビでも見るかの』

ミカ:『大差ーーーーーーー!』 
| ミカ&・・・ | comments(0) | - |
年末に寝床は必要か???




ミカ:『トルーマン大差!もうすぐ年が明けるって本当ですか!?』

大差:『ん?・・・知らん!』

ミカ:『大差ーーーーーーー!』 
| ミカ&・・・ | comments(0) | - |
寝床はいったいどこへやら



ミカ:『トルーマン大差!空が晴れても私の心は一向に晴れません!』

大差:『それがどうした』

ミカ:『私、どうしたらいいのでしょうか?』

大差:『知らん!』

ミカ:『私もう駄目かもしれません!』

大差:『知らんと言っとるじゃろ!
    わしが晴らしたこの空のように、君の心にも大砲ぶち放ってやろうか?』


ミカ:『それで何かが変わるなら、、、どうにでもしてください!』 

大差:『冗談じゃ!大砲なんかでは何も変わらん!その前に君が死んでしまうじゃろーが!』

ミカ:『私は本気ですっ!』

大差:(・・・わしの心かて、一向に晴れんがな。かれこれ20年悩み続けとるわぃ・・・)

ミカ:『今、何か言いましたか? 大差!』

大差:『なんでもなぃ!。。。2番街で暴れてる飲んだくれを治めに行くぞぃ!早く準備せぃ!』

ミカ:『大差―――――――!』
| ミカ&・・・ | comments(0) | - |
いつでも寝床は用意されている



大差:『君の言う正義はわしの考えている正義にとても近いものがある!
     むしろ同じと言ってもいいくらいだ!
     だからわしは君の事を信用しないと今ここで決めたんだ!』
| ミカ&・・・ | comments(0) | - |
君の寝床はどこにもない



ミカ:『トルーマン大差!どーやら4番街辺りで奇怪な事件が起きているそうです!』

大差:『そんな事件、わしは興味あらん!』

ミカ:『大差―――――――!』 
| ミカ&・・・ | comments(0) | - |
寝床を探して今日もまた



ミカ:『トルーマン大差!私はあなたのことが嫌いであります!』

大差:『わしも君のことが嫌いじゃが?』

ミカ:『大差―――――――!』




| ミカ&・・・ | comments(0) | - |